バス釣り用語!初心者から上級者までご覧ください! 全国のダム,野池などのバス釣りポイントをご紹介!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

バス釣り用語!初心者から上級者までご覧ください!

< あ行 >

アウトレット : 湖、池等から川への流れ出し部分

アクション : ロッド操作でバスを誘うためルアーに与える動き

アシガリ : アシ(ヨシ)の中めがけ、ロスト覚悟で太いラインで挑むこと

アタリ : バスがルアーをくわえたりした時、ラインや竿先の変化で感じ取ること。バイトとも言う

アタリがあった : 根がかって簡単にはずれたとき見栄をはって言ってみる言葉

アピール : バスがルアーを見つけ易いように、動き、色、音など めだたせること

アフター・スポーン : 産卵が終わった状態。結構おつかれの様子、体力回復の為よく荒食いをする時期

アンカー : 船をとめておくイカリ。

アングラー : 釣りをする人。誰だ!口をあけてる人って言ってる奴は?

インレット : 湖、沼等へ川から流れ込んでいる部分

ウィード : 水中に生える藻。

ウィードベット : 藻が群生して生えてるところ

ウィードホール : 水面まで伸びた藻にポッカリ空いている場所

ウィンディサイド : 湖沼でかぜの当たる側。プランクトンよくが流されて来る

ウェーダー : 水の中に立ち込んで釣りをするための長靴。股下まで、胸までと色々な長さがある

ウォーキングザドック : トップウォーターで左右に犬の尾を振るような動きをするアクション

馬の背 : 水中の地形で山の様に盛り上がっている部分、バスの通り道

エラアライ : ルアーを外そうとバスが水面で頭を振ってあばれる様子

エレキ : エレクトリック・モーターの略。ハンドコンとフットコンがある

オカッパリ : 岸から釣りをすること。はりきって釣りましょう

オーバーハング : 水面に影ができるくらい樹木や岩などが おおいかぶさっている部分。奴等はそこにいる

オーバーフロー : ため池などで、一定の水位になると水が外に流れるようになっていること

< か行 >

カーブフォール : ラインを張りながらルアーを落下させることによってルアーが弧をえがくように落ちていくこと

カームサイド : 風が遮られて、風裏になっている側のこと

カケアガリ : 水中の地形で傾斜面になっている部分。バスがついていることが多い

風裏 : 林や、ガケ等で風の影響を受けない場所。冬場は狙い目かな

活性 : バスが元気にエサやルアーを追うときは活性が高いなどと言う

カバー : バスが隠れることのできる障害物のこと。ネガカリ覚悟でショット!

ガレ場 : ダム湖などの傾斜地で崩れやすそうな場所。

キーパーサイズ : 大会などでの検量対象となるバスの大きさや重さのこと。

魚群探知器 : 一生懸命に見ていると船酔いする近代兵器

クリア・ウォーター : 透明感のある水。山の中の湖、ダム湖ぐらいしかお目にかかれない

クリーク : 入り組んだ入り江や港。または湖沼と湖沼、川と川を結ぶ水路のこと

コンビネーションルアー : 2種類以上のルアーを組み合わせたルアー。スピナー+ミノー、ジグスピナー+グラブなど

< さ行 >

サイトフィッシング : 魚を見ながら釣る方法

サスペンド : 魚が水中でボケーっとしてること。浮きもしない、沈みもしないルアー

サミング : キャストしたあとスプールに指を軽く当てて飛びを調節すること

サーモクライン : 水面が強くあたためられた時にできる水面下での温水と冷水の境目

塩漬け : ワーム袋の中に塩をたっぷりいれておくこと。

シェード : 影になった場所。杭の影のように小さなものでもバスは好む

シェイキング : ロッドを細かくプルプルさせて微妙に振動をルアーに与えること

シーズナルパターン : 季節ごとのバスの行動の変動やポイントの変動、暑けりゃ涼しいところ、寒けりゃ暖かいところ

ジャーク : ロッドを激しくあおってアクションをルアーに与えること。

シャロー : 浅い所、水面のすぐ下

重心移動システム : プラグなど重心が移動することによってより遠くに飛ばすために開発されたシステム

ショートバイト : バスがルアーをくわえても、すぐに はきだすときのアタリ

ショルダー : 湖底で緩やかなカケアガリから急に深くなっていく肩の部分

シンカー : ルアーを沈めるためのおもり

シンキング : バイブレーションプラグなどの自分の重みで沈むこと

スイミングワーム : 底まで落とさずに水中をゆっくりワームを泳がせること

スイベル : ラインのヨレを戻す金具。

スウィッシャー : ジャージャー音をさせるプロペラを持ったプラグのこと

スウィープ : アワセ方の一つで、ゆっくり持ち上げるようにあわせる

スカート : ラバージグなどについている糸状のゴムの束のこと。水中でひらひらしてバスを誘う

スキッピング : ルアーを投げ石のように水面をバウンドさせ桟橋の奥などに投げ込むキャストテクニック

スクール : バスの群のこと。若いバスが群をなしていることが多い

ステイ : ルアーを一定の場所にじっと止めておくこと

スティクベイト : 棒状のワームのこと。小魚をイメージして作られている

ステイン・ウォーター : 少し濁った水

ストップ・アンド・ゴー : リールを、グルグルまく、止める、グルグルまくの繰り返しでバスを誘うテクニック

ストラクチャー : バスが居着きそうな障害物は、すべてそう呼ぶみたい

スナップ : ルアーとラインの連絡に使う金具

スパイラルフォール : チューブルアーやグラブを螺旋状に水中で落下させること

スピニング・システム : スピニングロッドとリールを組み合わせたもの。初心者向けで扱いやすく、計量のルアーを投げることが出来る

スプール : リールでラインが巻かれる糸巻き状の部分

スプリットリング : フックアイとフックを連結させるための、2重になった金属リング

スポーニング : 産卵のこと、場所や水温によって違うけど春から初夏にかけて浅瀬に産卵する

スポーン・ベッド : オスがメスの為に作る、卵を生む場所、砂れき底の少しくぼんだ所。産卵床。

スポット : バスがついていると思われる場所

スモールマウス・バス : 一般的なラージマウスバスよりも口が小さく、水低温で透明度の高い湖などに住む。

スレてる : 人気の釣り場だったりして魚が、学習してルアーに反応しないこと。プレッシャーが高いとも言う

スロー : キャストして、それから間を置いてゆっくりリトリーブして、止めて、またスローリトリーブして・・めんどくさ

スロー・テーパー : ロッドの胴の部分からさお先にかけてゆるやかに全体が曲がる調子のロッド

セルフウィードレス : ワームのリグで、フックの先をワームの本体ギリギリに刺して、藻などの障害物にかかりにくくする方式

ソフトルアー : 柔らかい素材のルアーの総称。ワーム、グラブ、チュープ、スティックなどのルアー

ソルティ : 塩入のワーム。

ソルトウォーター : 海水域のこと

< た行 >

タイト: バスがストラクチャーについて、その場を動かないこと。ストラクチャーにぴったり沿ってルアーを通すこと

ターゲット: 釣ろうとる対象魚

ダーター: 以外に、みんなが持っていないプラグの種類

タックル: 道具。魚を釣るためのロッドやリールなどのこと

タックルボックス:  道具箱

タフコンディション: バスが釣れにくくなっている状態

ターンオーバー: 昼間に太陽熱で暖められた表層の水が、夜間に急に冷やされて比重が重くなり下層の水と入れ替わる現象。秋におこりやすく魚の活性がさがる

チャートリュース: 蛍光?黄緑色。なぜだか爆釣するときあり

チューニング : 手入れ、修理、改造のこと

ディープ: 深場のこと

ディープハング: 深場にある岩などの盛り上がり

ティップ: サオの先端部分

テイル: 魚のしっぽ。ワーム、グラブなどの尾の方のヒラヒラ揺れる部分

テイルウォーク : フックにかかった魚が逃れようとしてボディを水面上をあたかも歩いているかのような動きをすること

テイルスピン・ジグ: 尾部に小さな金属の回転板のついたメタルジグ

ティンバー : 人造湖などに見られる、なかば水没した立ち木郡

デッドスロー: ゆっくり動かせるスピードのこと

テトラポット: コンクリート製の護岸用の波消しブロック

テーパー: ロッドの曲がり具合のこと

テレスコピック : 振り出し式のロッドのこと

テンション : バスのあたりを逃さないよう、ラインを張った状態でルアーを動かしたり、落とし込んだりすること

トゥイッチング: ロッドの先を上下左右に細かく振って、ルアーにアクションを与える方法。クランクベイトやミノー、ワームに用いる

ドゥドゥリング: 底をとりながらルアーを動かすワームテクニック

ドック : 船をつないでおくためのコンクリートで囲んだ小さな港

トップウォーター: 水面を泳がせるルアー

トップウォータープラグ : 水面で使うプラグのこと

ドラッギング: エレクトリックモーターや風を利用してルアーを一定の層を一定のスピードで引くこと

ドラグ : ある強さ以上の力でラインが引かれると、ラインが出ていくリールの装置

トレース : 水底、障害物、カケアガリなどをなぞるようにルアーをひくこと

トレーラー: スピナーベイトやラバージグに、ワームやポークラインドをつけること。ボートを車で運ぶ際に乗せる台車

トレーラー・フック : フックの先につないだ、もう1本のフック。はりがかりをよくするためにつけられる

トレブル・フック: ルアーについている

ドロップ・オフ : 岸からの落ち込み。水中の急なカケアガリ

< な行 >

ナチュラル・レイク: 琵琶湖、霞ヶ浦、富士五湖などのように、地殻の変動や火山活動によってできた自然湖

ナチュラル・カラー : 小魚模様や自然界にある色。またはそれらを組み合わせた配色

ナーバス : バスが産卵期や釣り人の多さで、神経質な状態になっていること

煮込み : ワームを煮込むとぷっくら柔らかくなる

ニーリング : 深場を狙うときにより深くルアーを潜らせるために、ボートに片膝をついてロッドを水の中に入れてリトリーブする方法

ノイジー: トップウォータープラグの一つ。水をかくようにバシャバシャやってるとバスが飛びつくらしい

ノンラトル: ラトルが入ってない、音がしないルアー

< は行 >

バイト: アタリのこと

バイブレーション: 細かく振動するような動き、またはその振動によって発生する音プラグの一種

ハイプレッシャー: 多くのつり人がおしかけたため、バスかスレてつりにくくなった状態

ハイランドレイク: 高地にある、いわゆる山上湖。自然湖、人造湖どちらもふくまれる

パイル : クイのこと。コンクリート製の橋ゲタなどはロックパイル

パイロットルアー: その場所にバスがいるかどうか探るために使われるルアー。手近しよく、広く、素早く探れることが条件。クランクベイトやバイブレーション・プラグ、バズベイトなど

バサー : バス釣りをする人。

バジング : スピナーベイトなどのルアーを、水面直下で水音と泡をたてるように引くこと

バズベイト: バザーと似たようなルアーだが、プロペラとフックのついたシャフトがほぼ平行になっているタイプ

バスポンド: バスがいる池や沼

バックウォーター: 人造湖の中で、大きな流れ込みに近い上流部

バックラッシュ: ラインが出る速度よりもスプールの回転のほうか速いために、ラインがパーマをかけたようにからまること。防止機構やサミングで防ぐことができる

バックリミット: トーナメントで定めた、検量の対象となる魚の尾数

ハードルアー: ソフトルアーに対して、硬い材質でできているルアー。プラグがその代表

バーブレス : 魚を傷つけないために、あるいはハリがかりをよくするために、カエシをペンチでつぶしたりヤスリで削りとること

パーミング : ベイトリールを使うとき、左手のてのひらでリールを包み込むように持って操作すること

パラボリックアクション: 全体がゆるやかな放物線状をえがいて曲がる調子のロッド

ハング : 湖底にある、根ガカリの原因となる出っ張ったもの

ハングアップ: 根がかりすること

バンク・バーナー: 引いてきたスピナーベイトを、クイや倒木などのすぐきわで止め、それにそってラインを張り気味にしながら落とし込んでいくテクニック

ハンドポアード : 手作業で、材料を型に流し込んでワームを作ること

バンプ : 水中にあるコブ状の盛り上がり。本通しもよく、魚が集まりやすい

PEライン: 超高分子貴のポリエチレン繊維を素材とする編組糸、強度にすぐれている

ピックアップ : アタリがないので、次のキャストに移るため、ルアーをポイントから抜き上げること

ピッチング : ルアーを手で持ち、アンダーハンド気味に、比較的近いスポットヘルアーを送り込むキャスト法

ひら打ち : スピナーペイトやクランクベイトが障害物に当たって、ボディが大きくひるがえるような動きをすること

ピンスポット : アシのすき間、スイレンの葉と葉のすき間など、ごく狭いポイント

ファーストテーパー : ロッドの先端部分だけが急な曲線をえがいて曲がる、先調子のロッド・アクションのこと

ファーストムービングルアー: スピナーベイト、パズベイト、クランクベイトなどのように、速いアクションで操作するルアー

ファーストリトリーブ : ラインを速いスピードで巻き取ること

ファーム・ポンド: 俗にいう野地。農業用の溜め池であることが多い

フィーディング : バスが食事すること。フィーディングエリア、フィーディングタイム

フィッシュイーター : 小魚をエサにしている魚。淡水ではブラックバス、ライギョ、ナマズ、トラウト類など

フィネス: 繊細なの意味、ルアーも小さめ使って神経使ってガンバって

フィネス・ベイト : プラグにしてもソフトルアーにしても、ごく小さいルアーのこと。スレた湖や野地で有効だが、つれる魚は小さい

フィールド : つり場となる湖沼のこと
フェザーリング スピニング・タックルでキャスト後、ルアーをコントロールするため、スプールから出ていくラインに軽く人さし指の腹でさわること。ベイトの「サミング」に相当する

フォーミュラ: ワームやグラブなどのソフトルアーにつける香りと味のついた液や粉
フォーリング キャストしたルアーを落とし込むこと。ラインを張りながら落とし込む「カーブ・フォール」とラインをゆるめたままの「フリー・フォール」がある

フッキング : ヒットを感じとり、合わせることによって魚の口にハリをかけること。完全にハリがかりした状態になることをフックアップという

フック : ルアーづりに使われる「はり」の総稼。フラグに付いている3本イカリ型の「トレブル(トリプルともいう)フック」、ワームフーツクに代表される「シングルフック」、海のトローリングでよく使われる「ダブルフック」に大別される

フック・アップ : 魚の口にハリを完全にかけること

ブッシュ : 小さな立ち木、アシなどが水面上に出ているところ

プラグ: プラスチック製あるいは木製のルアーのこと

ブラシガード: おもにラバージグに付いている根がかり防止用のナイロン糸を束ねたもの

フラスカート: ワームやグラブにつける、ラバーやビニールでできたヒラヒラゆれるスカート

プリ・スポーン : 産卵前。荒食いに走るからポテポテのバスが釣れるとき

フリッピング : 時計の振り子のようにルアーを静かにボイントヘ落とすテクニック。浅く、濁った湖沼でポイントに接近してつるのに有効なキャスト

ブレイクライン : 湖底のカケアガリになった部分の等深線のこと。バスはこのラインを階段をのぽるように浅場にくる

ブレイデッドライン : ナイロンやテトロン素材の細いイドをより含わせて作ったライン

フレッシュウォーター: 湖沼、池、川などの淡水域。内水面ともいう

フローター : 浮き輪みたいな物に乗って釣りが出来る道具

フローティング: 「浮く」という意味。フローティング・ミノー、フローティング・ワーム、フローティング・ラインなど。「F」と略して表記することもある。対語:沈むという意味の「シンキング」

フロート・チューブ: 大きな浮き輸にウェーターの脚の部分と背もたれをつけた、パスつり用ミニボートともいうべきもの

フロッグ: カエルの形をした、ソフトな材質でできたルアー。日本では主にライギョつりに多用されるが、アメリカ製のものはブラックバスをつる目的で作られている

プロダクティブゾーン: 水生植物があり、プランクトンが発生し、小魚・エビなどのエサとなる小生物を繁殖させるエリアのこと

フロロカーボンライン: フッ素と炭素を原材科にしたライン。巻き癖がつきにくく根ずれに強い

ベイト・リール: ルアーづりに使われる両軸受けリールの総称。糸の出がなめらかで、ヨレもできにくい。丈夫で強度にすぐれているが、慣れないうちはバックラッシュをおこしやすい

ベイト・フィッシュ: ワカサギ。小ブナ、オイカワ、クチボソなど、バスのエサとなる小魚類

ペギング: Pegとは「木くぎ」「栓」の意味。テキサス・リグでシンカーとラインの間につまようじの先を差し込んで止めること。こうするとウィードレス効果を高めることができる

ベジテーション : 湖沼に生える水生植物の総称。スイレンやヒシモ、ホテイアオイ、キンギョモ、エビモ、カナダモなど

ヘビーカバー: スイレンやヒシモなどがピッシリ水面をおおいつくし、水が見えなくなっているような場所。斌語;まばらに生えているところは「プアカバー」

ベンド: 川の湾曲した部分。フックの湾曲している部分。ロッドの曲がる部分

ボイル : エサを追う魚、または追われる魚の群れで、水面が沸騰したようにバシャバシャしている状態

ポーク : ラバージグ等にトレーラーとして使うブタの皮

ポーズ: ルアーを操る時に間をとること。気が短い人は、ルアーを動かそうとした時3~10数えてから動かすのがコツ

ボトム : 湖沼の底の部分。ふつう、わりあい深場の底をさす

ボトム・トレース: おもに深場から浅場へ、あるいはその逆に、底にそってルアーを引いてくること

ボトム・ノッキング: クランクベイトが、リップで底をこづきながら泳ぐこと

ボトム・バンピング: ワーム、グラブ、スピナーペイト、ディープダイバーなどで、底ではねるように操作すること

ポンピング : 特に大物の魚がかかった時にサオをゆっくりあげ、倒しながらリールを巻く。これを操り返して魚を寄せるテクニックのこと

ポンプリトリーブ: ポンピングしながらリールを巻く方法。スロー&ストッブを中心にした、サスペンド・ルアーを生かすテクニックのひとつ

< ま行 >

マーカー・ブイ : ポイントを見失わないよう、アンカーを付けて水面に浮かべる目印。主としてボトムねらいのときに使われる

マシンガンキャスト: ラバージグの投法で、投げる。着水したら底に着く前にロッドを2回あおり全速で巻き取り回収、すぐまたポイントを少し変えて投げるを繰り返す。

マッチ・ザ・ベイト: その場所のバスがエサにしてる物に似たルアーを選ぶ事

マッディーウォーター: 濁って透明度の悪い水

マテリアル : 原料、素材のこと。また水底の材質

マンメイドストラクチュアー: 人類が造った物。なぜかバスが好む。本当はバス達も遊んで欲しいんじゃない?

見えバス: 今後の参考の為に釣り人の近くでルアーを見学しにくるバス

ミッドサマー: 真夏のこと

ミドルレンジ: シャローとディープの中間層

ミノー: 小魚のこと。または小魚に似せたプラグ

メインレイク: 流れ込み以外の湖の本体部分

メソッド : 方法、方式。新しい釣方を考えたら、何とかメソッドと名づけよう

メタルジグ : 金属製のジグ

モーニングバイト: 朝一番の活性の高く、食いがいい時

モノフィラメントライン: 単一の繊維でできているライン。素材としてナイロン、フロロカーボンなどが有名

< や行 >

ヨーヨーイング: ボートの上から真上の狭いポイントにルアーを落とし、ヨーヨーのようにロッドを上下させて誘う方法

< ら行 >

ライズ: 魚が水面から跳ねたり、波紋をたてて、魚の存在がつり人にわかること

ライトタックル: リールは小型で軽量、ロッドも短めでライトアクション以下の組み合わせ

ライトリグ: ごく軽量のシンカーやスプリットショットを使用するソフトルアーのリグ

ライブウエル: 魚を生かしておくために、ポートにそなえつけられた、または、携帯用の「いけす」のこと

ライフジャケット : 浮力のあるベスト。ライフベストともいう

ラインカッター : ラインを切るための、爪切り型の道具

ラインサミング : ベイト・リールの場合:ラインを巻いてあるスプールに親指をそえ、スフールの回転をおさえて、バックラッシュを防ぐと同時に、ルアーの着水点をコントロールする
(スピニング・リールの場合:スフールから出ていくラインに人さし指をそえて、ルアーの着水点をコントロールする。「フェザーリング」ともいう )

ラインスラック : 糸の余分なたるみ。キャストのとき、サミングがうまくいかなかったり、風がラインに流されたりして、空中でラインがたるむ。着水した後もラインが出すぎた分がたるむ。

ラインブレイク: ラインが切れること。糸の結び目のゆるみや根ズレによる傷、急激な合わせなどが原因となることが多い

ラージマウスバス: ラージマウス・パスには、フロリダ・ラージマウスとノーザン・ラウジマウスがいる。

ラトル: ルアーのボディの中に空間を作り丸い玉を入れておく。ルアーが揺れると音を発生する

ラバージグ: ジグヘッドにゴム製のスカートがついたもの。ヘッド部の形によってアーキータイプとフットボールタイプなどがある。ほか、根がかりを防止するためにブラシガードがついているものもある

ラメ: ワーム等に付いてるキラキラしたもの。これを付けてるオネーサンに俺は簡単に釣られる

ランカー: 大型のブラックバス。ふつうは50cm以上のものをさす

ラン&ガン: 一か所で粘らずに、次々と釣るポイントをかえて釣っていく方法

ランディング: 魚を取り込むこと。バスの場合はリリースのことを考えて、下顎を親指と人差し指ではさんで抜きあげる

ランディングネット: 魚を取り込むための手網(たも)

ランディングポジション: 岸からのつりで、魚がヒットした場合、取り込みやすい場所。あらかじめ見当をつけておいた方がよい

リアクションバイト: バスか反射的にルアーに食いつくこと

リグ: 仕かけ。バスフィッシングではソフトベイトの仕かけ

リザード : ソフトベイトの一種で、イモリの形をしたルアー

リザーバー: 川を人工的にダムなどでせき止めて造った人造湖。対語=自然湖を表す「ナチュラル・レイク」

リップ: ミノープラグやクランクペイトの前部についた舌状のもの。大きいとよく潜り、小さいとボディを細かく振る。また、角度によっても潜る深さが違ってくる

リトリーブ: リールを巻くことによりルアーを引くこと。もともと「回収」の意

リバー・チャンネル: 人造湖の湖底にみられる、もと川だった跡。付近は川の水が流れ込むため、水通しがよく、透明度も高い

リフトアンドフォール: ルアーをキャストし、着底させたあと、ロッドをしゃくり上げたり(リフト)、下ろしたり(フォール)をくりかえして誘うアクション

リミットサイズ: トーナメントで定めた、検量所へ持ち込むことのできる最小限のバスの大きさ。たとえば全長30cm以上という規定がある場合は30cmのバスの大きさのこと

リリース: 釣ったバスをやさしく帰してやること

リリーパード : スイレンやホテイアオイが、水面をびっしりとおおっているところ。夏になるとこうなる池が多い。藻が水面に出ているところは「ウィードガード」という

リーリング: キャスト後、リールのハンドルを巻く動作。これによってルアーにアクションが生まれる。ヒット後は窟を引き寄せるために行う

レベルワインダー : ベイト・リールの、ラインが均等に巻けるよう、平行移動する装置

レンジ: 水面から底までの、水中の各層。トップウォーター、シャロー、ミドル、ディープ、ボトムの各レンジに分けて考えるとよい

ローリング: プラグの横ゆれアクション

ロッド: つりザオのこと

ロッドティップ: つりザオの先端部分

ロッドワーク : ルアーにアクションをつけたり、ヒットした魚とやりとりをするためのロッドの操作

ロングビルミノー: 長いリップの付いたミノープラグ。[Bill]とは「くちばし」の意味


                          < わ行 >

ワンド : 入り江状になってる場所

人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログへ バス釣りブログランキング バスショップナイル ブログリンク GyoNetBlog ランキングバナー ブログランキング
釣りブログ【くつろぐ】
Airランキング





スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する




| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。