ダイワ&メガバス ジャグラー 10R!アメリカのプロの間で人気のリール! 全国のダム,野池などのバス釣りポイントをご紹介!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

ダイワ&メガバス ジャグラー 10R!アメリカのプロの間で人気のリール!

ダイワ&メガバス ジャグラー 10R (右巻き)

ジャグラーについては、ルアー界初の「サムアクセルドライブ・ユニット」ということで、はじめてベイトリールを手にしたときのような、使いこなす楽しみがある。 トップウォーターゲームやミノージャーキング、ジグ&テキサスでは、「ハンドフリー」になるので、ラク。サムアクセルは、常に使えばいいってものではなく、「ロッドワークに集中したいとき」だけ使う。私は、サムアクセルのチョイチョイ操作だけでPOPMAXのドッグウォークが出来るが、そんな芸を磨く必要はまったくない。普段通り、ロッドワークでドッグウォークすればいい。その間フケた余分なラインをリアルタイムに巻き取るためにチョイチョイすればいいし、慣れると便利。余計なラインスラックを常に収集しながら釣りをすることになるので、常時フックセット体制で釣りをすることになる。だから、突然のバイトに即対応できるのだ。だから、サムアクセルは、必要とするときだけ使えばいい機構であり、いつも使えばいいってものでもない。サムアクセルが本領を発揮するときは、ハンドエレキのとき、ブッシーなオカッパリで片手がふさがっているとき、片手でサンドイッチや、おにぎりをパクつきながら釣るとき(笑)、ケータイ電話に出ている途中のバイトも獲りたいとき(笑)・・と、意外?に多くの必須なシーンがあるものだが、実は、「テキサスリグのズル引き」、「ワームフォーリング中のチョイチョイ誘い釣り」、「サイトのシェイキング(糸鳴りがしない)」、「カヴァーゲームのズル引き(ルアーが瞬間移動する)」、「虫パターンなどシェイキングしながらのチョイチョイ誘い釣り」、「ラインが風でフケやすい強風下での釣り」、「トップウォーターの釣り」などで、その威力を実感する機構だ。すでに、そんな状況が多過ぎるアメリカのトーナメントでは、昨年頃から一部のプロの間で、リサーチング用ベース機が好評を博してトーナメントで実戦導入されている。



バス釣りDVDはこちら

にほんブログ村 釣りブログへ GyoNetBlog ランキングバナー

スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する




| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。