これからブラックバス釣りに入門される初心者の方へ! 全国のダム,野池などのバス釣りポイントをご紹介!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

これからブラックバス釣りに入門される初心者の方へ!

今、ブームになっているバスフィッシング。
ただの釣りではなく、一種のスポーツとも言えます。

ちょっと技術と忍耐強さがいりますが、極めれば奥が深く、初心者からプロまで、いろんな楽しみ方ができます。

対象魚のブラックバスは、最近ではどこの野池、河川にもいないところがないくらいに生息しているようです。私の子供のころにはバスなんていなかったと思いますが、いったいいつごろどこから発生したのでしょうか。

バスフィッシングはいわゆるルアー釣りで、釣る楽しみを味わうことを目的としているので、釣った魚はすぐに放して(リリースして)やります。食べられないこともないのでしょうが、食用に向いてないのが、こんなにバスが繁殖した大きな理由なのでしょう。

バスの釣り方ですが、リールと竿、それに疑似餌が必要です。
疑似餌はワームとよばれるミミズや小魚を模した柔らかいゴム製のものと、金属製のルアー型のものに分かれます。
疑似餌をつけて、バスの居そうな場所めがけて投げてリールで巻いてくるだけです。
投げたところにバスがいてうまく餌に食いついてくれれば釣れるわけです。
この投げては巻くの繰り返しなのですが、なかなか魚との駆け引きが難しいです。

まずは、
①魚の居そうな場所(ポイント)を見極めること
②ここと思うポイントに餌を正確に投げ入れる(キャストする)こと
③リールと竿をうまく使って擬餌餌がいかにも本物が動いているかのように動かすこと

魚の習性を熟知し、その時折の気候・時間を考慮し、魚を釣り上げる楽しみは筆舌に尽くせないものがあります。
バスがルアーに食いつくのは食欲からだけでなく、好奇心や、威嚇攻撃、反射・反応(本能的なもの)などいろんなパターンで食いつくそうです。
時間的には日の出、日の入りの前後が一番反応がいいらしいですが、好きな人は夜中池を渡り歩いているようです。
釣れなくても自然の中で時間を過ごすことは良いことです。
山中の野池で新鮮な空気を吸いながら朝日を拝むようになればもうあなたはバスフィッシングの虜になっています。
まあ、あまり難しく考えないであなたも始めてみてください。

 ところでどんな釣りでもそうですが、釣りのマナーを守りましょう。原則として自然を破壊しないこと。ゴミを出さないこと。マナーの悪い釣り人は釣りをする資格なし!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 釣りブログへ バス釣りブログランキング バスショップナイル ブログリンク GyoNetBlog ランキングバナー ブログランキング
釣りブログ【くつろぐ】
Airランキング

スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する




| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。